アフィリエイトの記事を作るポイントと分かりやすさ

アフィリエイトの成果は、内容の分かりやすさに左右される一面があります。売上数字を高めたいなら、分かりやすさにこだわってみると良いでしょう。専門用語などは注意を要します。記事を執筆する時は、指示語も要注意です。

分かりづらいサイトは好ましくない理由

サイトのコンテンツは、分かりやすいに越した事はありません。あまり専門的な表現は使わない方が良いでしょう。
例えば弁護士相談に関するアフィリエイトがあります。債務整理などのジャンルもありますが、法律に関わる内容であるだけに、専門的な用語が使われるケースもあるのです。
法律用語もその1つです。日常生活で全く耳にする機会が無い用語もあります。
自分が運営しているブログやサイトの文章にて、上記のような専門用語を使うのはあまり好ましくありません。内容が非常に専門的になってしまい、全体が読みづらくなってしまうからです。
あまりにも内容が分かりづらいと、読者からの離脱率も高まってしまいます。その影響は大きいです。
というのも離脱率が高まってしまうと、検索エンジンからの評価が低くなるからです。検索エンジンは、各サイトのデータを把握しています。離脱率が極端に高いサイトですと、上位に表示されづらくなってしまい、売上数字も低迷しかねません。

平易な表現や注釈などを心がける

このためコンテンツを作る時は、分かりやすい表現を心がける必要があります。誰が読んでも分かる内容に仕上がっていれば、離脱率も低くなると見込まれるからです。
ただコンテンツの内容によっては、専門用語などを使わざるを得ない事もあります。その場合は、注釈などを入れる方が良いでしょう。読者が分かっている前提で専門用語を使ってしまうのは好ましくないので、注釈などを書き添えておく方が無難です。

指示語はあまり使わない方が良い

それと冒頭でも触れた指示語です。「その」や「あの」などの表現を頻繁に使うのは、あまり好ましくないとされています。
指示語は、比較的読み飛ばされやすいと言われています。あまり指示語を使いすぎてしまいますと、読者にとっては分かりづらい記事になってしまい、やはり離脱率が高まってしまう可能性があるのです。
基本的に、こそあど言葉などはあまり使わない方が良いでしょう。それは上記でも触れた分かりやすさにも関わってきます。自分が分かっている内容は、読者も分かっているとは限りません。読者にとって読みやすい記事を作るよう心がけてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です