月別アーカイブ: 2019年10月

せどりで出品する時の説明文や画像のポイント

せどりでお金を稼ぐためには、もちろん商品を売る必要があります。基本的にはWebで商品を売る事になりますが、商品の説明などは正確に提示する必要があります。寸法なども正確な数字を確認すると共に、画像も載せる方が良いでしょう。

せどりで利益を稼ぐ基本的な仕組み

せどりでお金を稼ぐ場合は、まず何らかの方法で商品を仕入れます。ウェブショップやオークションなどで仕入れている方も多いですが、実店舗でも構いません。売却価格などを考慮して、安く商品を仕入れる必要があります。
せどりでは、WEBで商品を売却していくのが一般的です。フリマアプリやオークションなど色々な方法がありますが、多くの方々は倉庫サービスを活用しています。WEBの倉庫サービスを活用すれば、商品の保管や出品などを代行してくれますし、とても便利です。

寸法や不具合など詳細な説明を明記する

ところで商品を出品するにしても、詳細な説明文などを掲載する必要があります。オークションなどで商品を見てみますと、たいてい何か説明文が書かれているでしょう。その説明文を参考にして、商品を選んでいる方も少なくありません。
説明文には、やはり詳細な内容を盛り込む必要があります。不足情報が無いよう、色々な情報を盛り込んでおく方が無難です。
例えば冒頭でも触れた寸法です。家に設置する物を買う時などは、寸法を確認している方も多いです。家の置きスペースなどの都合もありますから、商品の具体的なサイズを気にしている方も少なくありません。それなら、やはり商品の具体的なサイズや大きさは明記しておく方が良いでしょう。
それと商品の不具合箇所も、正確に明記しておく必要があります。不具合箇所に漏れがありますと、後で面倒な事態になる可能性もあるからです。汚れや不具合などを正確に書いておくと、信頼されやすくなる傾向があります。

不具合箇所の画像も掲載

それと商品の画像です。倉庫サービスなどで商品の売れ行きが好調になるかどうかは、その画像に大きく左右されると言われています。
そもそも商品を選ぶ時は、商品の見た目を気にしている方も少なくありません。見栄えが良いかどうかを基準に、商品を選んでいる方も多いです。
基本的には、商品の正確な画像を掲載する方が良いでしょう。商品を良く見せるのも大切ですが、上記のような不具合箇所の画像も掲載する方が無難です。
買い手からすると、不具合箇所の画像が分かっている方が安心できるケースも多いです。信頼感につながりますし、せどりで商品を売る時には不具合箇所も撮影しておく方が良いでしょう。